TRIZ公式サイト TRIZ | 差別化技術開発支援@ぷろえんじにあ お客様満足度 TRIZ、コンサルティング等のよくある質問
技術開発支援 人財開発支援 TRIZとは 講演セミナー 企業概要 問合せ 090-1856-1082

トップ > 技術開発支援

新製品開発の成功条件

ベンチマーキング/プロマネ/感度分析

 新製品開発には独自性。その開発戦略からアイデア出しまでお手伝いします。
★★ 米国で有名なエピソード ★★
 WindowsがMacに似すぎていると文句を言ったS.ジョブズスに対し、ビル・ゲイツは、「ゼロックスの家に押し入ってTVを盗んだのが僕より先だったからといって、僕らが後から行ってステレオを盗んだらいけないってことにはならないだろう」と言い返した。
 なぜなら、Mac、iPad、Windows、インターネットの主要インフラはゼロックスPARC(動画)ユビキタス研究として30数年前に開発済だった。

report

DR実践セミナー 製品開発技術者のためのDR実践セミナーrecommendnew
 日時:2018年2月20日(火)(商工情報センター(亀戸)
 ※ 主催:R&D支援センター
・失敗しないDRの本質は、源流にスポットを当てること。つまり、企画段階のDRに注力して適切な手法を駆使したディスカッションに時間をかけること。

ベンチマーキングセミナー マーケティングの基本と技術ベンチマーキング実践セミナーrecommendnew
 日時:2018年3月8日(木)13:00〜17:00〜3月9日(金)9:30〜15:30
 場所:東京・大井町 きゅりあん4階研修室  ※主催:(株)情報機構
・技術者の皆さんは、どう市場ニーズを把握し差別化を図りますか。今こそマーケティングの基本を学び、ベンチマーキングを実践することです。担当テーマを見直してみませんか。


solution
 【 技術開発・経営課題ケーススタディ(比較できるコンサルQ&A)】

 御社の課題解決はこうするrecommend

  1. 会社では科学より技術を重視しすぎていませんかnew
  2. なかなか生産性が上がりません
  3. 少人数でも能率を上げる方法を伝授してください
  4. IoTシステムの新規ビジネスについて
  5. 生産を見越した試作の方法
  6. 新規機械の導入について
  7. 開発過程の最適化
  8. 部門間の垣根
  9. 技術系以外の分野、どう系統づけて学べば良いか
  10. 現場の小集団活動で課題解決のアイデアが出ません
  11. 多様化した従業員への人材教育
  12. IoT対応モジュールの開発
  13. 管理・間接部門の改善活動
  14. IoTへの取り組み方、人材育成
  15. 管理・間接部門の改革推進
  16. ものづくりとVR
  17. アイデア出しの手法
  18. 新製品開発の体制作り、日程管理について
  19. ロボット工程のアンバランス・ロス解消で悩んでいます
  20. 社員が自律的に挑戦する一体感が欲しい
  21. 開発テーマが増えすぎて経営を圧迫
  22. ものづくり の道具
  23. 特定顧客(市場)へ届けるための設計品質
  24. 統計手法の中の『層別』とは?
  25. ファクトリーオートメション(FA)システムの国内と海外の違いは?
  26. メンテナンス業務を収益化するには?
  27. 自社の独自技術を生かした製品開発と販売方法は?
  28. 新事業開発段階での特許活動は?
  29. 多品種少量生産におけるコストダウン(原価低減)を図るには?
  30. 独自製品を開発するには?
  31. 新製品開発プロジェクトを進める時に気を付けることは?

 【 得意とするコンサルティング・テーマ(顧問契約も可能)】

<技術課題実践事例>

  1. 研究開発テーマのシステマチックな探索/評価法
  2. TRIZ、プロマネ等を活用した材料/新技術/新製品開発
  3. 加工法を考慮した設計法
  4. 後戻りの出ないデザインレビュー法
  5. ロジカルシンキングを活用した慢性トラブルの課題/問題解決
  6. 経済性工学で代替案をF/Sする生産システム開発
  7. 他社と差別化できる生産設備開発

<経営課題実践事例>

  1. ベンチマーキング手法の導入・活用
  2. 新商品コンセプト立案
  3. 新規事業化のための事業性評価
  4. 技術テーマの内外作評価/投資効果評価
  5. 金融機関の融資可否評価
  6. 事業継承者の育成プログラム立案・研修
  7. 工場の生産性診断

 【 技術・経営に関する連載記事と主なツール 】

 ものづくり革新ナビ連載記事(新しい順)

  1. 次世代技術(その2) 燃料電池自動車FCVnew
  2. 次世代技術(その1) 燃料電池
  3. PERT (その10) まとめ及び用語の意味
  4. PERT (その9) 最小費用による日程計画
  5. PERT (その8) 配員計画
  6. PERT (その7) フォローアップ
  7. PERT (その6) 日程短縮
  8. PERT (その5) クリティカルパス
  9. PERT (その4) 余裕時間
  10. PERT (その3) 作業時刻
  11. PERT(その2)基本用語と基本ルール
  12. PERT (その1) スケジュール管理に使われる工程表
  13. 製品機能(その10)カタチの美しさと機能
  14. 製品機能(その9)QFDの機能表現
  15. 製品機能(その8)Effectsの機能
  16. 設計機能(その7)機能のモデル化
  17. 設計機能(その6)品質工学における機能の重要性
  18. 設計機能(その5)機能要件と非機能要件
  19. 設計機能(その4)ニーズとシーズ
  20. 設計機能(その3)機能の分類
  21. 設計機能(その2)設計上の機会損失
  22. 機経済性工学で豊洲移転問題を分析する
  23. 設計機能(その1)機能とは
  24. ものづくり企業の生き残り策
  25. 会議を再考してみる
  26. 情報の蓄積 「果報は練って待て!」
  27. 技術伝承はデジタル化/可視化で上手くいくのか
  28. フールプルーフ設計を忘れたドラム式洗濯機
  29. ブランド力を考える
  30. 真の「デザイン」を考える
  31. ITの投資効果の目的を再考してみよう
  32. 費用対効果と投資効果はどう違うのか
  33. ホンダ「ワイガヤ」の本質
  34. QFD(品質機能展開)で人財開発施策を俯瞰
  35. IS/ISNOT思考法は、問題分析の基本
  36. ユニバーサルデザイン7原則でモノを視る
  37. 「ものづくり」と「イノベーション」
  38. 危機管理とリスクマネジメント
  39. 合理的な問題解決と意思決定のためのKT法 (その5 潜在的問題分析)
  40. 合理的な問題解決と意思決定のためのKT法 (その4決定分析)
  41. 合理的な問題解決と意思決定のためのKT法 (その3 問題分析)
  42. 合理的な問題解決と意思決定のためのKT法 (その2状況分析)
  43. 合理的な問題解決と意思決定のためのKT法 (その1 KT法とは)
  44. QFD(品質機能展開)の勘どころ (その3 QFDの作成手順 後半)
  45. QFD(品質機能展開)の勘どころ (その2 QFDの作成手順 前半)
  46. QFD(品質機能展開)の勘どころ (その1 QFDとは)
  47. 80対20の法則とロングテール
  48. 仕事のプロセスを改善ストーリー(SRストーリー)で可視化
  49. 技術者のためのマーケティング (その2) お客様満足とニーズ
  50. 技術者のためのマーケティング (その1)マーケティングとは
  51. 技術系組織の理想形態とは
  52. 技術開発戦略6つの判断基準
  53. 技術力の根源とは何か
  54. 生産性とその対応策の可視化
  55. プロジェクトマネジメントのエッセンス(その5) リスクマネジメント
  56. プロジェクトマネジメントのエッセンス (その4)PERT
  57. プロジェクトマネジメントのエッセンス (その3)責任と権限の明確化
  58. プロジェクトマネジメントのエッセンス (その2)WBS(Work Breakdown Structure)
  59. プロジェクトマネジメントのエッセンス (その1)プロジェクトマネジメントとは
  60. 経済性工学のエッセンス 第4回 Excelでの計算ロジック
  61. 経済性工学のエッセンス 第3回経済性工学の原理原則
  62. 経済性工学のエッセンス 第2回経済性工学とは
  63. 経済性工学のエッセンス 第1回R&Dを定量評価する
  64. 技術マネジメント:7つのプロセスと35のチェックポイント
  65. プロセス・ベンチマーキングの薦め

業務分野の体系図作成例

  1.  ・マーケティング体系図(pdf28kB)
  2.  ・財務管理体系図(pdf184kB)

 仕事で役立つ便利ツール

  1.  ・企画書チェックリスト(pdf21kB)
  2.  ・企画書には必ずマーケティング戦略評価を(pdf95kB)
  3.  ・ROIシミュレーター実効税率31%版。許容投資額・回収等の逆算、追加投資も計算可能。new

 【 戦略策定フロー 】
 
 ※ 生き残り戦略には、戦略ドメインと技術マーケティングがキー
 【 即戦力化と確実な成果を目指したMOT人財育成プログラム事例 】

 優れた技術を持ち、そして夢とやる気を持つものづくり企業経営者/ミドルが、先進技術に挑戦しながら経営ノウハウを体系化してきた講師とともに、ワークショップを通じて、人材育成講座を受講しながら新商品、新規事業などを開発し、第二創業を目指す。

MOT事例

 【 ソニーは歌を忘れたカナリアか?エンジニアよ原点に還れ!(ものづくりの原理原則) 】

  日本のものづくりは、製造現場だけでなく、研究開発まで海外移管され、技術と雇用の空洞化を加速させている。改善的対応策をいくら講じても何ら解決しない。今こそ、あるべき姿(TRIZの究極の理想解)を深堀りすべき。例えば、その成功モデルは、アップルのジョブスである。彼は、ソニーから多くのヒントを吸収し、ゼロックスの研究所でユビキタス概念に出会い、先にユビキタスPCなどを商品化した。

ソニースピリッツ+エンジニア行動指針

 【 ものづくり技術者・管理者のためのセミナー&プロフェッショナル人材能力体系 】
人材能力体系
  1. コスパ5倍 最新教材のTRIZ実践セミナー コスパ5倍 最新教材のTRIZ実践セミナー
  2. 独自性を出すのための技術ベンチマーキングセミナー 独自性を出すのための技術ベンチマーキングセミナー
  3. DR実践セミナー 製品開発部門のデザインレビュー(DR)実践セミナー
  4. 正しい意思決定のための経済性工学セミナー 正しい意思決定のための経済性工学セミナー
  5. 研究・技術者のためのプロジェクトマネジメントセミナー 研究・技術者のためのプロジェクトマネジメントセミナー
  6. 自己流からの脱出 技術者の仕事の進め方の基本セミナー 自己流からの脱出 技術者の仕事の進め方基本セミナー
  7. リスクマネジメント リスクマネジメントセミナー
  8. mot 第二創業のためのMOT実践塾

  1. ■ 定型フォームでのご相談、お問い合わせはここをクリック
  2. E-メールでのお問合せ: kakunin'at'proengineer-institute.com ('at'を'@'に変換)
  3. 電話でのお問合せ: 090-1856-1082

TRIZのプロジェクX 粕谷茂
SEのスピード発想術
(技術評論社)
電子出版
ソフトなしでも現場でつかえるレベルまで進化させた実践書 粕谷茂
図解これで使えるTRIZ/USIT(JMAM)
技術者のあるべき姿、技術者の3種の神器(システム思考、TRIZ、経済性工学)で業務に役立つ座右の書 粕谷茂
プロエンジニア-コンピテンシー構築の極意-(テクノ)
推進者向け本格的教科書(共訳)
TRIZ実践と効用
体系的技術革新(創造開発イニシアチブ)
 Copyright(C) 2006 proengineer institute All rightsreserved.